運動器リハビリテーション科(Ⅱ)

当院は運動器リハビリテーション(Ⅱ)の施設基準を取得し、理学療法士とともに患者さんひとりひとりのメニューを作ってリハビリテーションを提供しています。

  1. 運動器不安定症 高齢によるバランス、歩行能力の低下を示す病態 大腿骨頚部骨折、骨粗鬆症、変形性関節症(股・膝)、脊髄管狭窄賞、リウマチ、下肢切断などの疾病に対して社会復帰を目指したリハビリ
  2. 急性上下肢の外傷及び 手術後のリハビリ 神経、筋、血管、腱、靭帯損傷、脊髄損傷、上下肢の骨折などのリハビリ
  3. その他 頚背部痛、腰痛、関節痛など、全ての脊椎、上下肢疾患に対する治療

運動器リハビリデーション科とは

「運動器」とは体を動かす仕組みのことで、骨、関節、筋肉、靱帯、神経など、体を支えたり動かしたりする器官のことです。 「運動器」の疾患(変形性関節症・リウマチ・スポーツ障害・四肢外傷・骨粗鬆症腰痛や頚部痛など)は、直接生命の危険に関わることは少ないですが、日常生活の動作が困難になったり、寝たきりなってしまうなど、生活の質(Quality of life)の低下につながります。運動器障害にリハビリテーションを行い、機能を維持、改善させることによって日常生活の質が保たれます。寝たきりを予防し、日常生活活動をできるだけ早期に獲得することを目指します。

このように運動器リハビリテーションはとても重要な役割を担っています。

運動器リハビリテーション(Ⅱ)の施設基準

医師 運動器リハビリの経験を有する
(運動器リハ経験3年以上又は運動器リハ研修を修了)
専任の常勤医師が1名以上
スタッフ 次の1から3までのいずれかを満たしている事
1 専従の常勤理学療法士が2名以上
(当院では院長他、理学療法士が2名以上従事しております。)
2 専従の常勤作業療法士が2名以上
3 専従の常勤理学療法士、専従の作業療法士を併せて2名以上
訓練室 診療所:50㎡以上である事
その他 ・発症、手術又は急性増悪から150日以内
・リハビリの記録(医師の指示、実施時間、訓練内容、担当者など)は、患者ごとに同一ファイルで保管し、常にスタッフで保管し、常にスタッフにより閲覧出来る事。
・定期的に担当の多職種が参加するカンファレンスを開催する事

運動療法(個別リハビリ)・リハビリテーション風景

岡田クリニックは運動器リハビリテーション(Ⅱ)の施設基準を取得し、理学療法士とともに患者さんひとりひとりのメニューを作ってリハビリテーションを提供しています。

手関節の関節可動訓練

肩関節の関節可動ストレッチ

バランスレーニング

平行棒を使用した歩行訓練

マッサージ

ストレッチ